加圧トレーニングとダイエット

日進市 産後太り解消! 産後ママのためのダイエットコース始めました!

2017-01-17 [記事URL]

「妊娠中にかなり太ってしまった!」
「産後なかなか体重が戻らない!」
「育休中に体形を戻したい!」

産後の骨盤矯正にお越しになったママさんたちから、
こんな声をたくさんお聞きしました。

そんなママさんたちの悩みを解消するお手伝いができれば、という思いから、
2017年からママさんたちのための「産後ダイエットプログラム」を
スタートさせることにいたしました。


【プログラム内容】

まずは、加圧トレーニングを含む筋力トレーニング30~40分行います。

トレーニング後は、有酸素運動で脂肪を燃焼させます。
室内での有酸素運動の様子です。15~20分程度行います。

天気の良い日は、女性トレーナーとともにウォーキングへ出かけます。

ウォーキングコースです。天白川沿いに歩いていきます。

※赤ちゃんの状態やママの体調、ご都合に応じて室内か屋外へ出るかを決めます。
ウォーキング中は、院長が赤ちゃんを見ています。
また屋外へのウォーキングに出る場合は、有酸素運動の時間が40分程度かかります。

筋力トレーニング後、30分以内にプロテインを飲むと、筋肉増強の効果が高まるので、
トレーニング後は、プロテインをサービスでお出ししております。

またLINEによる、食事のアドバイスも行います。
その日に食べた食事やおやつを写真で送っていただき、内容についてアドバイスします。食事内容をチェックされることにより、食べ過ぎ防止となり、正しい食事管理が習慣化されていきます。


授乳中はダイエットのチャンス!

授乳中はカロリー消費が大きいので、ダイエットをするチャンスです。

ママが一日に750mlの母乳を授乳するためには、およそ500キロカロリーを消費するといわれています。

500キロカロリーとは、食事ならおよそ一食分、ジョギングならおよそ10Kmを走ったときに消費されるカロリーです(※個人差があります)。

授乳しているだけでそれだけのカロリーを消費することになるので、
食事の内容をコントロールするだけで、かなりのダイエット効果が望めます。

しかし、問題は断乳後。

断乳後は、それまで授乳していた分のカロリー消費がなくなりますから、授乳時と同じ生活、食事量を続けていけば、「摂取>消費」の状態となり、脂肪が増えていきます。

断乳後に太らないようにするためには、食事の内容と量を見直すことがとても大切です。

さらに、エネルギー消費の大きい筋肉をつけて基礎代謝量を上げ、カラダを「太りにくい体」に作り替えておくことも重要です。


筋肉が太りにくく痩せやすい体を作る!

筋力トレーニングというと、ムキムキのごつい体になるのでは? と心配される方がいらっしゃいますが、女性は、女性ホルモンの影響で筋肉がつきにくくなっているため、ムキムキになる心配はほどんとありません。
女性がボディビルダーのようなムキムキの体にするには、高強度のトレーニングと徹底した食事管理が必須で、並大抵の努力では成しえません。

通常のトレーニングであれば、むしろ女性らしいボディラインが強調され、しなやかな、エネルギーを消費しやすい体となります。

「産後ダイエットプログラム」では、ボディメイクと基礎代謝の向上を目指したメニューを組んでいきます(お客様のご要望によってカスタマイズしていきます)。

バストアップ、ヒップアップ、ウェストや下腹部の引き締め、二の腕や太もものリフトアップといった部位の美しさは、筋肉で作られます。目的に応じた部分の筋肉をつけることで、女性らしい美しいラインとなるのです。

体験コースでは、片腕または片脚にベルトを装着して、加圧トレーニングのいくつかのメニューを体験していただきます。加圧の効果、特徴を体感していただいたうえで、「産後ダイエットプログラム」を始めるかどうかを決めてください。

「産後ダイエットプログラム」をご希望の方も、加圧への適性のチェックと安全のために、開始前に必ず体験コースを受けていただきます。

実際の体験時間は30分程度です。加圧トレーニングの説明やカウンセリングでプラス20分ほどかかります。


メニュー料金


★★骨盤矯正4回コースを受けられた方は、入会金5000円⇒0円になります!★★

【プログラム内容】

◆加圧トレーニングを含む筋力トレーニング 30~40分
◆有酸素運動
  室内エアロバイクの場合 15~20分
  屋外ウォーキングの場合 40分程度(室内より所要時間が長くなります)

※トレーニングの内容は、目的やその日の体調、
また赤ちゃんの様子などを見ながら変更していきます。

◆LINEによる食事アドバイス
その日に食べた食事やおやつをLINEで送っていただき、内容についてアドバイスさせていただきます。

※「もう少しゆっくりのペースでやりたい」という方は、ご相談ください。
※加圧トレーニングへの適性チェックや安全のため、プログラム開始前に必ず体験コース3500円を受けていただきます。


トレーニングはお子様と一緒に受けることができます

「産後ダイエットプログラム」も、お子様と一緒に受けることができます。お母様がトレーニング中の間は、女性スタッフがお子様を見ておりますので、ご安心ください。女性スタッフとともにウォーキングに出るときは、院長がお子様をお預かりします。

人見知りでどうしても泣けちゃうお子様や、元気いっぱいで活発なお子様、いつもすやすや眠ってしまうお子様など、「ボディバランスラボ大樹」にはたくさんのお子様がお母様と一緒にいらっしゃっています。

途中でウンチをしちゃっても大丈夫。そんなときは、トレーニングを中断いたしますので、ゆっくりとオムツを替えてあげてください。


「ボディバランスラボ大樹」は産後のママさんを応援します!

つわりや体調の変化、日に日に大きくなるお腹を抱えての妊娠生活、必死の思いで出産をしたあとは、休む間もなく赤ちゃんのお世話に追われる日々。
赤ちゃんを持つお母さんは、妊娠したその日から、いろいろなことが目まぐるしく起き、本当に大変です。赤ちゃんが生まれると、何もかもが赤ちゃん中心となって、周囲の人たちの注目も赤ちゃんに集まることでしょう。

赤ちゃんは確かに世界一かわいい宝物です。
でも、お母さんだって家族にとって大切な宝物です。
お母さんの元気がなくなれば、赤ちゃんだって悲しくなるし、家族もしょんぼりしてしまうでしょう。


「お母さんが元気で輝いているために」

そんな思いから、わたしたちは少しでもお母さんのお役に立てればと「お子様と一緒に受けられる産後骨盤矯正」を始めました。
そして、わたしたちが得意な分野でもっともっとママさんたちをサポートしていきたいね、という思いから、「産後ダイエットプログラム」を立ち上げました。

お母さんはいつだって、お子様と家族のために一生懸命です。

でも、ほんの少しだけ「ご自分のための時間」を持ってみませんか?

トレーニングや運動で汗ばむほど体を動かすと、身も心もスッキリしてストレス解消になります。トレーニングを重ねていくことで体が変化していくことも、大きな楽しみとなるでしょう。

ママ自身のために── 元気なカラダ作り、応援します!

ボディバランスラボ大樹 保坂和広・保坂真樹子


日進市 筋肉をつけて基礎代謝アップ! やせやすい体を作る

2017-01-08 [記事URL]

今ある脂肪を燃焼させるには、
一日の摂取カロリーと、消費カロリーのバランスが重要。

摂取カロリー < 消費カロリー

食べるカロリーより、消費するカロリーが大きければ、
脂肪はつかず、燃焼されていきます。
そのためにはどうしたらよいか?

「食べる量を一日の消費カロリーより、抑える」

もっとも簡単に取り組めるのは、この方法でしょう。
しかし、どうですか? 
食べたい欲求を我慢して我慢して……
ストレスは溜まるし、栄養面でもよく考えて食べるものを取捨選択していかないと、
お肌がカサカサ、体力は落ち、フラフラのヨレヨレ……なんてことになりかねません。
食事制限というダイエットは、あまり現実的ではないような気がします。
となると、考えられるのはもうひとつ。

「一日の消費カロリーを上げてやる」

という方法です。
消費カロリーをアップさせる方法としてパッと思いつくのは、
ウォーキングやランニングなどの運動をする、ということでしょうか。
それも一日の消費カロリーをアップさせる方法のひとつですが、
コンスタントに目標に向かって実行し続ける根気と努力が必要です。

そこでおすすめしたいのが、

「一日の基礎代謝量を増やす」

という方法。
基礎代謝量とは、眠っていても消費されるカロリーのことで、
この基礎代謝量を増やしてやれば、
一日の消費カロリー自体を底上げすることができます。
基礎代謝量は、筋肉を増やすことでアップさせることができます。

筋肉は、エネルギー消費の大きい組織なので、その筋肉自体を鍛えて増やせば、
エネルギー消費量の多いカラダになれるというわけです。
例えるなら、筋肉の多いカラダは燃料ばかりを食う、燃費の悪い車と同じ状態。
加えて、筋肉は、カラダのラインをぐっと引き締めますので、
姿勢も良くなり、見た目にもカッコイイカラダになれます。

この筋肉を効率よく、短期間で育てるためにおススメしたいのが、

加圧トレーニングです。
2img_4073

加圧トレーニングなら、週に1回、30分程度のトレーニングで、効果が出ます。
1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続けていくと、
3ヶ月目には、体つきが目に見えて変わっていることでしょう
(食事のコントロールの仕方などで、個人差があります。)
加圧トレーニングによる、成長ホルモン効果で、脂肪の燃焼も大きく期待できます
多くの方が、加圧トレーニングによるダイエットの効果を実感しています。

「ヤセたい!」

「たるんだ体を引き締めたい!」

「カッコイイボディラインを目指したい!」

「太りにくいカラダになりたい!」

などなど、ダイエットをお考えでしたら、
ぜひ一度、加圧トレーニングでの
「太らないカラダ作り」を試してみてください。

※得られる結果には個人差があります。


日進市 加圧トレーニングのトレーニング内容(一例)

2016-10-02 [記事URL]

加圧トレーニング

加圧トレーニングというと、
こういった専用のベルトを巻いた様子を
よく見かけるかと思います。
この専用のベルトを腕、もしくは脚に巻いて、シンプルな筋力トレーニングをするのが、加圧トレーニングです。

では、実際にどんな流れで、
どのようなトレーニングをするのか、
簡単にご紹介していきましょう

まず最初にやるのが、専用ベルトの装着です。

ベルト

小さいのが腕用で、大きいのが脚用です。
基本は上半身から、トレーニングをしていきます。
まずは腕にベルトを着けて、お客さまに適した圧をかけていきます。
きゅーっとベルトが締まっていくので、
窮屈な感じがしますが、その状態が
加圧トレーニングの最大の特徴にして、重要なポイント
です。

が、

このとき、もし痛みを感じるようでしたら、我慢せずに申し出てください。(いつもはなんともなくても、体調によっては痛みを感じることもあります)
で、準備が整ったら、上半身のトレーニングの開始です。
どんなトレーニングをするかは、お客さまの状態や目的によって異なりますし、また回数を重ねるごとに変化もしていきます。


基本となる筋力トレーニングを一部紹介しておきます。

◆アームカール◆
アームカール

上腕二頭筋、いわゆる力こぶを鍛えるトレーニングです。
ダンベルを持って行います。
30回×3セットが基本で、500g~1Kgのダンベルからスタートします。
※ダンベルを用いたトレーニングは、筋肉がついてくると、
ダンベルが、2キロ、3キロと徐々に成長していきます

◆フレンチプレス◆
フレンチプレス

上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。
これもダンベルを持って行います。
二の腕の筋肉を使うので、女性の悩みでもある
二の腕のたるみを引き締める効果がです。
普段やらない動きなので、正直けっこうキツイです

◆ショルダープレス◆
ショルダープレス

肩のトレーニングです。
三角筋・僧帽筋・上腕三頭筋を鍛えます
使うのが肩の筋肉なので、肩こりによく効きます
けっこうキツイんですが、続けていくと、肩こりから解放されるます(´∀`)

◆カーフレイズ◆
ふくはぎ

下半身のトレーニングです。ベルトを脚に装着します。
このトレーニングで鍛えられるのは、ふくらはぎです。

足首が引き締まり、またトレーニングの回数を重ねて、
ふくらはぎに筋肉がついてくると、
ひざから下がスラリとキレイなシルエットになります。
地味ですが、結構キツイトレーニングなので、
成長ホルモンの分泌アップにも効果アリ、です。

◆スクワット◆
スクワット

下半身を鍛える代表的なトレーニングです。
太もも、お尻が引き締まります

……と、こんな感じの筋力トレーニングを何種類か、
上半身15分、下半身15分ほど行います。

どのトレーニングも動作自体は難しくないので、
運動が苦手という方でも取り組みやすい
と思います。
もし、よくわからなくても大丈夫。
完全マンツーマンのパーソナルトレーニングですから、

「え? ナニ? どうやってやるの?」と、

遠慮なくガンガンと聞いてください(´∀`)


日進市 ぽっこりお腹を腹筋でリフトアップ

2016-09-30 [記事URL]

ぽっこり出たお腹、気になりますよね。

20代の頃はすっきりしていたお腹が、
30代も半ばを過ぎると、下腹部がぽっこり……とお悩みの方、
少なくないのではないでしょうか?

中年以降になると、なぜお腹はぽっこりとしてしまうのか?

それは年齢とともに筋力が低下していくことに原因があります。

筋肉は20代半ばあたりから徐々に低下していくといわれており、
筋肉量が減っていくと、基礎代謝量も減少し、
一日の消費エネルギー量というのが少なくなっていきます。

けれど、人間、筋肉量に合わせて食事の量を減らすことはまずありませんから、
当然、脂肪がつきやすくなるというわけ。

さらに、筋力が低下していくことで、
内臓を支える筋力も落ち、支えきれなくなった内臓は、
重力に引かれて下降します。

このふたりが、ぽっこりお腹の主な原因です。

これを若い頃のように引き締まったお腹にするには、
筋力を取り戻してリフトアップするのがベスト。

「腹筋」を鍛えましょう。

鍛え方は難しくありません。

2IMG_4073

ひざを90度に曲げて、手はクロスして肩をつかみ、
おへそを覗き込むような感じで、上半身を起こします。

これをまずはまっすぐに20~30回。

次に腹筋の横側も鍛えるために、ツイストして20~30回。

昔からよく行われているような、
あおむけになって上半身を完全に起こすような運動は必要ありません。

かえって腰を痛める原因にもなるので、
おへそを覗き込むくらいの角度で起き上がりましょう。

これを最初は1セット、なれてきたら2セット、
3セットを回数を増やしていくとよいです。

もっと本格的に腹筋を鍛えたい、という場合には、
以下の腹筋ローラーもオススメです。

安価で、軽く場所もとらないのに、
腹筋を鍛える効果は絶大なので、
すっきりと引き締まったお腹を目指すなら、間違いなくオススメです。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

腹筋は、鍛えやすい筋肉でもありますので、
ぽっこりお腹が気になるようでしたら、ぜひトライしてみてください。

腹筋を鍛えると、姿勢がよくなり、腰痛の予防にもなりますよ。


◆日進市 速筋と遅筋を同時に鍛える 加圧トレーニングの利点◆

2016-01-15 [記事URL]

筋肉は、「速筋」と呼ばれる筋肉と、
「遅筋」と呼ばれる筋肉があります。

加圧トレーニングでは、
このふたつの筋肉を同時に鍛えることができるという利点があります。

◆速筋の特徴

・ダッシュやジャンプといった、瞬発力を発揮するときに使われる
・酸素がなくても糖質を燃焼させて活動する

「速筋」とは、瞬間的に力を発揮するときに使われる筋肉で、
ダッシュしたり、重いものをエイっと持ち上げたりするときに活躍します。

短距離走やウェイトリフティングといったトレーニングを積むと、
この「速筋」が鍛えられます。

鍛えることで、肥大し、太くなっていきます。

「速筋」は、糖質をエネルギー源としていますが、
筋肉中に糖質は、少ししかないので、
短時間しか活動することができないという特徴があります。

普段あまり使われず、いざというときに力を発揮する、温存型の筋肉です。

◆遅筋の特徴

・長時間に渡って活動するときに使われる筋肉
・酸素を使って活動する

「遅筋」とは、長時間に渡る動きをするときに使われる筋肉で、
ウォーキングやジョギングといった、有酸素運動をするときに活躍します。

体中の筋肉の7~8割ほどを占めており、
日常のさまざまな場面の動作で、使われています。

酸素を活動源としており、
有酸素運動中は、血液中の酸素を消費しながら、活動し続けます。

鍛えても太くなる筋肉ではありませんが、
有酸素運動を続けることで、脂肪をエネルギーに変えるようになっていきます。

日常的に使われる「遅筋」に対し、
「速筋」は温存型の筋肉──いざというときにしか力を発揮しないので、
通常、「速筋」を鍛えるには、重い負荷を短時間でかける必要があります。

しかし、加圧トレーニングの場合、
専用ベルトで、適正な圧をかけて、血流を制限した状態で
トレーニングを始めます。
「遅筋」が血液中の酸素をどんどん消費していきますが、
ベルトで、血流を制限されていますので、酸素の供給が追いつかず、
「遅筋」はあっという間に酸欠状態となります。

それでも、トレーニングは継続されていますから、
体の筋肉は、酸欠状態に陥った「遅筋」から「速筋」にチェンジして、
活動を続けていきます。
つまり、加圧ベルトで適正な圧をかけている状態なら、
軽い筋トレでも、筋肉が「大変だー!」と勘違いして、
ハードなトレーニングをしているときのような活動をする、のです。

実際に、何キロもある重いウェイトを使ったトレーニングをしなくても
加圧トレーニングなら、1キロ程度のウェイトでも、
身体は重い負荷のトレーニングをしていると錯覚するというわけです。

これが、「加圧トレーニングは軽い負荷のトレーニングで効果が出る」理由です。

このように、加圧トレーニングでは、
「遅筋」と「速筋」のふたつの筋肉が使われることになるので、
両方の筋肉が同時に、しかも短時間で鍛えられます。

「忙しいけど、身体を鍛えたい」
「短期間で、体力をつけたい」

といった方にオススメのトレーニング法です。


◆日進市 加圧トレーニングはキツイ?◆

2016-01-13 [記事URL]

「加圧トレーニングって、キツイんですか?」

加圧トレーニングに興味がある方から、よく、こんな質問を聞きます。

加圧トレーニングは、
週1回30分程度で筋力アップの効果が得られるトレーニング法です。

通常の筋力トレーニングですと、
週に2~3回、2時間ほどはトレーニングしないと、
なかなか筋力アップには繋がらないので、それに比べると、
加圧トレーニングは短い時間で効率的なトレーニングであるといえるでしょう。

確かに「短時間で鍛えられる」というメリットはありますが、
トレーニング自体は、決して「楽々」といったものではありません。

なぜなら、筋肉を鍛えて大きくするには、
それなりの「負荷」をかける必要があり、
しっかりと「追い込み」をかけてあげないと、大した成果が得られないからです。

よく、自分でスポーツジムや自宅で筋トレをしていても、
なかなか成果が出ない、という声を聞きますが、
その大きな原因は、「負荷が足りない」ことにあります。

きちんと成果を出すためには、
例えば、ダンベルを持ち上げるトレーニングならば、
ダンベルがもう持ち上がらなくなるところまで、
できればそこからさらに数回、「追い込む」必要があるのです。

ですから、加圧トレーニングでも、同様に、
「短時間」で「きっちりと成果を出す」ために、
限界まで追い込んだ状態になるまで、回数を重ねていきます。

加えて、加圧ベルトで上腕もしくは脚部に圧をかけた状態で
トレーニングを行いますから、
体感としてはかなり、追い込まれた状態になるかと思います。

加圧トレーニングでは、加圧ベルトで血流を制限して、
筋トレを行うため、軽い負荷の運動でも、
身体はとてもハードに感じるのです。

ですが、実際には、1キロ程度のダンベルや、自重を利用した
トレーニングがほとんどですので、
筋力の少ない女性や高齢者の方でも、
気軽に取り組むことができます。

また、トレーニング中は、
認可トレーナーが、個々の年齢、体力、体調、目的にあわせて、
負荷のかけ具合をトレーニングのたびに調整していきます。

決して「楽々」なトレーニングではありませんが、
正しく筋力アップをすることで、基礎代謝が上がり、
若々しいボディラインを作ることができます。

筋トレで身体を鍛えておくと、
基礎体力もアップしますし、また、姿勢や血流がよくなって、
肩コリや腰痛の予防にもつながります。

筋力アップによる身体機能向上のメリットは大きいので、
体力不足や慢性的疲労、肩コリ、腰痛などでお悩みの方は、
週1回で効果アリの加圧トレーニングを、ぜひ一度試してみてください。


◆日進市 健康的にダイエットするなら加圧トレーニング◆

2016-01-11 [記事URL]

加圧トレーニングには、
筋力アップ、老化防止、冷えやむくみの解消などなど、
うれしい効果がたくさんありますが、中でも注目したいのは、

「加圧トレーニング後は、脂肪燃焼効果がアップする」

という点です。

加圧トレーニングには、
成長ホルモンの分泌を増加させる効果があります。

成長ホルモンとは、骨や筋肉などの体の組織を増量させたり、
身体を正しく機能させたりするといった働きを持つホルモンで、
運動後は、この成長ホルモンが脂肪の分解を促してくれます。

つまり、加圧トレーニングによって成長ホルモンの分泌が増加されると、
その分、脂肪の燃焼しやすい体になる、ということです。

このタイミングで、ジョギングやウォーキングなどの
有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果はさらにアップし、
ダイエット効果も高いというわけ。

実際、ダイエット目的で加圧トレーニングをされる方の中には、
加圧トレーニングで成長ホルモンの分泌を高めたあと、
プールに通い、1ヶ月で3キロほど落としたという例もあります。

水泳は、有酸素運動の中でも消費エネルギーの多い運動ですから、
加圧トレーニングを組み合わせることで、
さらなる脂肪燃焼を望めるわけです。

また、筋肉は脂質や糖質を多く消費します。
エネルギー消費の大きな組織なので、

「筋肉量を増やす=代謝量を上げる」

ことにつながります。

つまり、筋肉の多い体は、燃費の悪いアメ車のようなもの。

普通に生活しているだけでも、多くのエネルギーを消費するので、
太りにくい体になる、ということです。

人間の筋肉量は、20代後半からゆるやかに落ちていくといわれています。
筋肉量の低下は、基礎代謝の低下でもあります。

筋肉の少ない体は、燃費のいいエコカーと同じです。

エネルギーを消費する組織である筋肉量が少ないので、
少しのエネルギーで身体を維持することができます。

つまり、それほど多くのカロリーを摂取しなくても十分、ということ。

余分に摂取したカロリーは、脂肪として体に蓄えられていきます。

これが、いわゆる「中年太り」してしまう大きな要因です。

肥満は、さまざまな疾患も引き起こします。

筋肉を鍛えて、ベストの状態を維持することは、
成人病の予防にもなります。

加圧トレーニングなら、週に1回45分程度、トレーニングをすることで、
筋力アップ&維持ができます。

「近頃太ってきたなあ……」
「お腹周りが気になってきた……」
「健康診断で運動をするようにいわれた」

健康維持のためにも、ぜひ定期的なトレーニングを始めましょう。


◆日進市 ダイエットの基本は「食事量」と「消費」のバランス◆

2016-01-11 [記事URL]

ダイエットをするうえで、もっとも重視しなければならないのが、

「食事量=摂取と消費のバランス」

です。

脂肪は、一日に摂取したエネルギーの余剰分が出たときに
増えていきますから、

「摂取 > 消費」

となれば、脂肪が増えていきますし、

「摂取 < 消費」

となれば、脂肪は減っていきます。

「摂取 = 消費」

の状態ですと、脂肪は増えもせず、減りもせず、現状維持。

「太ってしまう」というのは、
一日の食事から得るエネルギーが、
一日の消費エネルギーより上回っているから起こるのです。

一日の消費カロリーというのは、とても個人差があり、
その人の一日の運動量や、筋肉の量によって異なります。

一日中、立って動いている方は、消費エネルギーが多く、
デスクワークなどがメインであまり動くことがない方は、
消費エネルギーも少ないものです。

ですから、一日の消費エネルギーが少ない方は、
食べ方を気を付けないと、余剰エネルギーが発生して、
その分、脂肪がついてしまいます。

人は、加齢とともに基礎代謝量が減り、
それにともなって、一日に必要なエネルギーも少なくなっていきます。

ですが、多くの方は、代謝が大きく低下する中年以降を過ぎても、
食事量自体は、代謝が高かった20代の頃とさほど変わらないと思います。

本来なら、年齢とともに代謝が落ちていくのに従って、
食事量や内容を変えていかなければいけないのですが、
現実問題、これってなかなか難しいですよね。

そこでおススメしたいのが、
筋肉を増やすことで、代謝を上げる方法です。

筋肉は、エネルギー消費がとても大きな組織です。
筋肉の多い方は、座っていても眠っていても、
そうでない方に比べて、多くのエネルギーを消費します。

そもそも、加齢による代謝低下は、
年齢が上がるにつれて、筋肉量が減少していくことが原因で起こります。

筋肉は20代後半から、少しづつ落ちていき、
中年以降になると、大幅に低下するといわれています。

これを食い止めるには、意識的に筋肉を動かして、
鍛えてあげるしかありません。

つまり、なんらかの運動をする、ということです。

筋肉の多い体は、消費エネルギーが多いので、
太りにくい体であるといえます。

食事量を減らすことは、結構なストレスです。
せっかくの楽しい食事の時間に我慢を重ねるよりも、
定期的な運動で筋肉量を増やした方が、健康的ですよね。

加圧トレーニングなら、週1回45分程度で効果があるので、
無理なく続けられます。

健康的で、太りにくい身体作り、始めてみませんか?


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME