日進市 シンスプリントによる痛み

日進市 シンスプリントによる痛み

2017-07-18

シンスプリントとは、ランニングやジョギング、ウォーキング等、走ることが多いスポーツで発生のリスクがあります。
運動時や運動後に下腿の内側に慢性的な痛みを伴うのが特徴的で、過労性脛部痛と呼ぶこともあります。

痛みを放置して運動をすると、次第に走れなくなり、疲労骨折を診断され、運動を長期にわたり中断する必要も生じますので、早めに対処するようにしましょう。

【シンスプリントの原因は?】

主な原因は、下腿の内側の骨に刺激が加わること、そして足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿骨の骨膜を引くことで炎症を引き起こす、この2点を言われています。
これらは、ジョギングやジャンプなどを繰り返し行うことで起こりやすく、運動量が増えると、当然危険度が増します。

中でも、足裏が偏平足、開帳足、回内足などでシンスプリントが生じやすくなります。
その他、舗装されていない硬い地面をランニングする方やシューズの状態によって、足にかかる衝撃が強くなったりするので、それぞれの環境に適した靴選びは慎重に行うようにしましょう。

特に次のような方は、シンスプリントになりやすいタイプなので、今すぐ靴や姿勢、フォームなどの見直しを行いましょう。

・シューズのかかと外側がすぐに減る人

回内足の可能性が高く、筋力のバランス、筋力の柔軟性が低下していると考えられます。

・足裏のアーチが崩れている

足の裏が地面にぴったりとくっつく場合、足裏の本来のアーチが崩れ、衝撃を緩やかに受け止められない可能性があります。

・足の甲から見て、全体的に足が広がっている方、つぶれているような場合は、開帳足の可能性が高く、神経を圧迫しやすい傾向にあります。

【運動時にシンスプリントによる痛みを感じたら?】

症状によって、シンスプリントに対する治療は異なりますが、下腿内側の圧痛だけ、もしくは、運動を中断するほどの痛みではない場合は、次のことに注意してください。

・丁寧にストレッチする

主に、ふくらはぎ、足指、膝、足裏、などを中心に時間をかけて丁寧にストレッチします。
筋肉をほぐし、柔らかくすることで、シンスプリントのリスクを回避しつつ、痛みを軽減できます。

・ウォーミングアップ

運動を本格的に行う前には、必ず、ウォーミングアップを忘れないようにしましょう。
身体をいきなり動かすことで、硬くなった筋肉が動きに対応できず、シンスプリントのリスクが高くなります。

身体全体の筋肉をほぐし、十分に温まってから運動をスタートさせてください。

また、上記の方法でも痛みが改善されず、悪化するような場合は、その他のけがや病気の可能性も考えられるので、整形外科やスポーツ障害に対応する整体や整骨院等でご相談ください。

特に整体や整骨院では、筋肉のバランスが崩れたり、筋力の低下、柔軟性の欠如といった回内足や開帳足、偏平足、体のゆがみ等に対する治療実績も高く、アスリート等もよく利用されるので、病院とは違う施術での回復が期待できます。

また定期的に利用することで、シンスプリントに対する予防だけでなく、その他のケガに対する予防効果などにも最適です。

日進市 シンスプリントによる痛みなら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME