◆日進市 「産後の腰痛」は早めに対処を◆

◆日進市 「産後の腰痛」は早めに対処を◆

2015-12-05

当院にお越しになる産後のお母さんの、
悩みのひとつとして挙げられる、「腰痛」。

痛みで寝返りが打てなかったり、
お布団から起き上がることが困難だったり、

それでも、赤ちゃんを抱っこしなければならなかったりで、
お母さんは体を休める暇もないくらい大忙しなので、
腰の痛みもなかなか改善せず、といったケースが多く見られます。

当院では、こうした産後の腰痛でお悩みのお母さまには、
徹底した「骨盤矯正コース」をオススメしています。

なぜなら、産後の腰痛の原因は、
「骨盤の歪み」がもとになっていることがほとんどだからです。

妊娠すると、胎児の成長と共に骨盤は開いていきますし、
出産時には赤ちゃんが、スムーズに通れるよう、最大限に開きます。

開いた骨盤は、出産後に自然と閉じていくものですが、
妊娠前の生活習慣や、姿勢の癖などによっては、
骨盤が正しい位置に戻りにくくなってしまうこともあります。

そうした骨盤の歪みや開きが、腰痛の原因になるのです。

またもうひとつの原因としては、「血行不良」も挙げられます。

本来、人間の体は、
しっかりと栄養と酸素が含まれた血液が正常に循環することで、
自然に健康な状態を保つ仕組みになっています。

しかし、赤ちゃんの誕生は、
お母さんのこれまでの生活環境やリズムを激変させます。

場合によっては、その大きな変化が、ストレスになることもあるでしょう。
そうなると、自律神経に悪影響を与え、血行が悪くなってしまうのです。

血流が悪くなると、栄養状態が悪くなったり、酸素不足になったりして、
腰の痛みの改善が遅れてしまいますし、悪化の原因にもなりえます。

ですから、整体院や病院に通って、
妊娠~出産で歪んだ骨盤を修正するといった、早めの対策が必要です。

当院では、小さなお子様と一緒に、
「骨盤矯正」を受けることができます。

ツライ痛みは我慢せず、
どうぞ、お気軽にご来院&ご相談ください。

自宅でできる、痛みへの緊急対処法としては、
血行をよくすることが有効です。

使い捨てカイロを腰周りに貼ったり(低温やけどにお気を付けください)、
授乳中に腰回りを冷やさないよう、腹巻を活用するなどして、
腰周りをカバーしてあげるとよいでしょう。

また、痛みが強い場合は、骨盤ベルトなども効果的です。

ただ、骨盤ベルトは、
本来なら骨盤を支える筋肉の代わりになる存在なので、
長期に渡る使用は、結果、
骨盤を支える筋肉を弱めることになってしまいます。

やはり、できるだけ早めに歪みを矯正し、
骨盤を正しい位置でキープし続けることができる筋肉をつけていくことが、最善です。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME