日進市 坐骨神経痛の原因となる疾患

日進市 坐骨神経痛の原因となる疾患

2017-06-01

腰の痛み、という事は、知っているけど、具体的に何が原因で、どのような対処が必要なのか、意外と知られていない「坐骨神経痛」についてまとめてみました。

【坐骨神経痛とは】

人体のなかで最も太く、長い神経が坐骨神経です。
腰のあたりから足の爪先にまで伸びているため、坐骨神経が何かしらの原因で刺激されると、腰からお尻、太ももや足全体にかけての痛みや違和感、しびれとして現われます。

坐骨神経痛の原因は、今のところはっきりとした事はわかっていませんか、症状の一つ、として扱われているのが一般的です。
例えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、などが原因の場合、坐骨神経痛は、症状となります。

検査等でほかの疾患が全く見付からない場合に限り、坐骨神経痛が病名となりますので、それぞれで対応しましょう。

【坐骨神経痛の原因となる疾患】

坐骨神経は、腰神経と仙骨神経から構成されるので、坐骨神経痛の主な要因は、腰神経と仙骨神経に連なる馬尾神経や神経根で起こります。
そのため、次の疾患の場合、坐骨神経痛の諸症状が確認されます。

・腰椎椎間板ヘルニア

背骨は、椎体という骨により構成されています。
椎体と椎体の間には、クッションの役割りを担う椎間板という軟骨が挟まれており、それによりスムーズな動きを可能にしています。

しかし、椎間板が本来の位置からはみ出すヘルニアが腰部で発生することで、その近くにある坐骨神経痛を圧迫し、さまざまな症状が現われます。

・腰部脊柱管狭窄症

背骨の中央にあり、脊髄と馬尾神経が通る脊柱管が、狭くなるのが腰部脊柱管狭窄症です。
馬尾神経が圧迫されると腰の痛み、足の痺れをともないます。

・変形性腰椎症

腰椎の形が変形し、神経を圧迫することで、腰、足にしびれが起こります。
原因は、加齢や同じ姿勢を長時間続けたり、運動不足による筋力低下、腰を酷使するなどが考えられます。

上記以外にも、坐骨神経痛が見られる疾患には、腰椎分離症、すべり症、梨状筋症候群、外傷による圧迫、帯状疱疹、等があります。

【坐骨神経痛を予防、緩和するには?】

すでに痛みを感じる場合は、坐骨神経痛の原因を特定しなければなりません。
上記、疾患による場合は、それを改善しなければ、坐骨神経痛の症状を取り除くことが出来ません。

まずは、お近くの病院を受診し、詳しい検査を受けましょう。
予防法としては、

・日頃から重い荷物を持たない
・腰に負担をかけない
・同じ姿勢を続けない
・不良姿勢を改善する
・激しい運動を避けるもしくは運動後のアフターケアをしっかり行なう
・肥満を改善する
・腰周辺の筋力をつける
・疲労を蓄積させない

等があります。
セルフケアや日常生活の意識改善だけでも坐骨神経痛は、予防できますが、整体や整骨院等プロの施術を定期的に受けることで、より理想的な坐骨神経痛対策が実現できますので、気軽に相談してみるといいでしょう。

また、原因になる疾患により改善方法も異なりますので、自己判断はあまりお勧めできません。
効果的な方法を知る上でも、整体院や整骨院をご利用ください。

若いうちからできる方法としては、筋力アップを図ることです。
適度に運動する事と、筋肉の質を柔軟に保つことが最適。

例えば、スクワットなどは、腰周辺の筋肉を強化しつつ、下半身の筋力アップ、ダイエット効果も期待できます。
さらに、入浴後のマッサージやストレッチを1日5分行なうだけで、柔軟性の高い筋肉を維持できるでしょう。

日進市 坐骨神経痛の原因となる疾患なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME