日進市 産後に無理すると更年期障害に悪影響が出るの?

日進市 産後に無理すると更年期障害に悪影響が出るの?

2016-09-07

出産直後の骨盤は最大限に開いて緩んでいて、
3~4ヶ月程度かけて少しずつ元の状態に戻っていきます。

しかし、この時に体を歪めてしまうような無理な姿勢や動作を繰り返すと、
骨盤が正しい位置に戻ることができなくて、
ズレたり傾いたりしてアンバランスな状態で固まってしまいます。

体の土台になる骨盤が正常な状態でないと、
その影響が全身に現れて辛い症状が起こってしまいます。

また産前・産後はホルモンバランスが崩れやすく、
それに慣れない育児などによるストレスや疲労が重なるため、
その時期に無理をすると体を壊しやすくなります。

さらに産後に無理をしてしまうと、
「産後うつ」など精神的な症状も発症してしまう危険性があります。

「産後に無理をすると更年期に入った時に、更年期障害を発症するリスクや症状が酷くなる」と言う話もあるので注意しましょう。

ただ「産後に無理するとその後に迎える更年期に悪影響を及ぼしてしまうのか?」と疑問に思う方も多いことでしょう。

産後の状態と更年期障害の関係について
医学的に何らかの根拠があるのか知っておくのも良いでしょう。

ちなみに更年期と言うのは、
卵巣機能が衰えはじめて女性ホルモンの分泌が減少する閉経前後の期間のことで、
40代半ばに月経異常や月経不順が続くようになると言われています。

ただ更年期が始まる時期に関しては個人差があって、
日本人の平均閉経年齢は50歳と言われているので、
大体45歳~55歳の間が更年期と言えるでしょう。

更年期になると卵巣の働きが低下して
「エストロゲン」と言うホルモンが急激に減少します。

このエストロゲンは生殖器だけではなくて、
神経・皮膚・血管・骨・脳など幅広く作用するので、
減少することで自律神経が失調して様々な身体的・精神的な症状がでてきます。

具体的な症状としては、
ほてり・のぼせ・動悸・多汗・めまい・冷え・頭痛・食欲不振などがあって、
これらの不定愁訴を総称して「更年期障害」と言います。

本題に戻して「産後の状態と更年期障害の関係」ですが、
結論から言うと関連性については医学的な根拠は何もありません。

つまり、産後に無理をしたから更年期障害が酷くなると言ったことはないのです。

ただ、産後に無理をして、
体調が悪い状態が続き更年期障害と同じ様な症状を若くても発症し、
プレ更年期障害や若年性更年期障害になる可能性はあります。

また最近は晩婚による高齢出産が増えているために、
産後の不調からそのまま更年期障害に突入してしまうケースがあることも確かです。

現代女性は過度なストレス・過労・不規則な生活から、
自律神経やホルモンバランスが崩れて、
20代~30代の女性でも更年期障害のような症状が現れてしまいます。

これらの点を考えると、
いくら産後の状態と更年期障害の関係が無関係であっても、
産後に無理することや不安・ストレスは避けるべきと言うのが理解できます。

また不快な症状を伴う「更年期障害」に悩まされないためにも、
産後は無理をしないで健康な体を維持する努力は必要と言えるでしょう。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME