日進市 「産後のガニ股」が気になる方は

日進市 「産後のガニ股」が気になる方は

2016-10-07

「産後、ガニ股気味になっていたり、
お尻が大きくなったりとスタイルが気になって!」

「出産後、足がガニ股っぽく閉じづらくなった気がするのですが、
整体とか行った方が良いのでしょうか?」

このように産後、「お尻が大きくなった」「ガニ股になった」と言う悩みを抱える方は少なくないようです。

妊娠中は、胎児の成長と共に骨盤を支える靭帯を緩ませる働きがある
「リラキシン」というホルモンが分泌されて、
出産時には産道確保のために最大に骨盤が緩み広がります。

出産後はリラキシンの分泌量が徐々に減少して、
自然に骨盤は締まって元に戻ろうとします。

しかし、妊娠前の骨盤の歪みや妊娠中の姿勢など様々な要因で、
正しい状態に戻ることが少なくて骨盤が歪んでしまうことが多いのです。

骨盤が歪んでいると腰痛はもちろんのこと、
便秘・生理痛・股関節痛・膝痛などといった症状が起こります。

また骨盤が広がり歪んでいると、下腹に脂肪がつきやすくなったり、
ガニ股で歩くようになったりと姿勢の歪みやスタイルにも
大きく影響を及ぼします。

骨盤底筋の部分が開いたままでは、
股関節が内側を向いてしまってガニ股になってしまいます。

また、妊娠時はお腹が重いために腰を反らせて、
お腹を突き出した特有な姿勢になって、少しガニ股で歩く感じになります。

この歩き方ではお尻周りの筋肉や腹筋・内転筋が適切に使えなくなって
弱くなり、産後のガニ股につながってしまうのです。

ちなみに産後の症状ではありませんが、
脚の長さが左右違う方や、靴の踵の減り方が左右違う方、
歩き方が何かおかしいと言う方なども骨盤の歪みが原因かも知れません。

何の対処もしなければ骨盤が緩んで開いた状態で定着してしまって、
産後のガニ股など先に述べたような様々な症状につながってしまいます。

ですから、骨盤を矯正して正しい状態に戻してあげることが大切ですし、
それと共に筋肉を鍛えるエクササイズも必要になります。

産後の骨盤矯正の時期としては、
医師の許可があれば産後1ヶ月からでも良いのですが、
骨盤が安定して締まってくる産後2ヶ月頃がおすすめです。

ただし産後は安静も大切なことなので、
体調と相談しながら時期を検討することが大事です。

産後の骨盤矯正は受けておくべき整体のひとつで、
産後は骨盤矯正の絶好のタイミングです。

赤ちゃんのお世話などで忙しくて大変でしょうが、
骨盤矯正と共に産後のお母さんに多い痛みの治療もできるので、
忙しい育児の息抜きと気分転換を兼ねて整体の利用を考えてみるのも
良いのかも知れません。

また最近は「子連れOK」と言う整体院も多く、
中には託児所を併設しているところもあるので、
赤ちゃん連れでも安心して利用できる環境になっています。

kotuban-banner


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME