日進市 ぎっくり腰になった時の応急処置

日進市 ぎっくり腰になった時の応急処置

【ぎっくり腰になったらどうしたらいいのか】

ぎっくり腰は急になるので、いざなるとビックリしてしまいますよね。
急にぎっくり腰になった際には、焦らないようにしましょう。
ぎっくり腰になった形で動かないようにして、深呼吸をしてゆっくり動かすようにしましょう。
負担をかけないように、極力ゆっくり動いて座るなり横になるなりをしましょう。
その後、安静にすることで、徐々に痛みが取れていきます。
この際、患部を冷やすために冷湿布や消炎鎮痛剤を使うと痛みが早く軽くなりますよ。
一般的には、2~3日で痛みが取れていきます。

また、ぎっくり腰になった時の応急処置で効果的なのが、コルセットやベルトです。
コルセットやベルトで腰を固定することで、腰への負担を軽くする事ができるので、痛みを軽減させることができます。
しかし、勘違いしないでほしいことといえば、ぎっくり腰を治すアイテムではないということです。
今の状況よりも症状を軽くするだけですので、勘違いしないようにしましょう。

以下のような症状が起きる場合は、ぎっくり腰ではない可能性が考えられます。

・腰の痛みが全く取れない
・どのような姿勢になっても痛みが軽くならない
・熱が出る
・冷汗が止まらない
・下半身にしびれが出る
・足に力が入らない
・排尿や排便に異常がある

この様な症状が出ている場合は、すぐにお医者さんに診てもらうようにしましょう。

【ぎっくり腰になった時にやってはいけない行為】

ぎっくり腰は、やるべきケア方法と逆をやってしまうと大きな負担を与えてしまいます。
ぎっくり腰へのケアを勘違いしてしまい、悪化させてしまう人というのは少なくありません。
この様なケアは、絶対に行わないようにしましょう。

・患部を温める
ぎっくり腰は、冷やすことで筋の炎症をやわらげることができます。
そのため、温めてしまうと炎症がさらにひどくなってしまいます。
ぎっくり腰の痛みが取れるまで、湯船へ浸かることは控えるようにしましょう。

・マッサージをする
ぎっくり腰のような痛みが出ると、マッサージでもみほぐすと効果があるように思える人もいるようですが、それは間違いです。
ぎっくり腰にマッサージのような刺激を素人が加えてしまうと、その刺激が患部の悪化へとつなげてしまうことがあるので、大変危険です。
整体資格のある人がマッサージをすることは良いですが、素人がマッサージをすることは絶対に行ってはいけません。

・ストレッチ
ぎっくり腰になっているのにストレッチを行ってしまうと、患部に無知がかかってしまい悪化してしまうことがあります。

いかがでしたでしょうか。
ぎっくり腰はいきなりなるので、ビックリしてしまいますよね。
でも、焦らずゆっくりと動かすことで、スムーズに動けるようになります。
あとは数日安静にしながら痛みを取り除いて、楽になるようにしましょう。
焦っては治りにくいので、ゆっくり改善していく事が大事となります。
数日たっても楽にならない場合は、お医者さんに相談をするようにしましょう。

日進市 ぎっくり腰になった時の応急処置なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME