日進市 半月板損傷の原因

日進市 半月板損傷の原因

【半月板損傷の原因について】

1.激しい運動をしている時にかかってしまう負荷
半月板損傷が起きてしまう原因の多くは、激しい運動をしている時に起きてしまいます。
サッカーは足を曲げて強く蹴る習性があるので、半月板損傷が1番多く発生してしまうスポーツと言われています。
激しい運動で半月板に負荷をかけてしまうことを重ねることで、半月板への疲労が蓄積してしまうことで損傷してしまいます。

2.体重の多さ

半月板があるヒザは、体の中でも負荷がかかりやすくなってしまう部位の1つです。
なんと、片方のヒザに体重の10倍もの負荷がかかってしまうことがあります。
50kgの体重の人であれば、10倍の500kgがヒザに負荷を与えてしまうこともあります。
この重さの大きさによって負荷がかかってしまい、半月板が負担を吸収しきれなくなってしまうことで、半月板が損傷してしまうことがあります。

3.加齢
年齢を増すことで、半月板を損傷してしまう事もあります。
その理由は、年齢を重ねたことにより起きてしまう、軟骨の柔軟性の悪さです。
軟骨が少なくすり減ってしまい薄くなってしまうことで、半月板の柔軟性が失われてしまい、損傷をしてしまうことがあります。

4.座りっぱなしの仕事
1日中座りっぱなしの仕事の人は、半月板を一定の向きにしたままで腸時間過ごしている傾向があります。
その状態から置き成り立ちあがってしまうと、急に動いたことで半月板に大きな負担がかかってしまい、損傷してしまうことがあります。

これらの4つの原因に心当たりがある場合は、その原因を取り除くように変えていく努力をするようにしましょう。

【半月板損傷を改善する方法は?】

半月版損傷の改善方法は、大きく分けて2つの方法があります。
1つは、手術を行う方法です。
もう1つは、保存療法という方法であり、いわゆる手術をせずに半月板損傷をケアしていく方法です。

手術をして半月板損傷を治すことは最終手段であり、最初に試してほしい改善方法は保存療法という方法です。

半月板損傷の保存療法は、ご自分で行うことも可能です。
ご自分ができる半月板損傷の保存療法は、これらが挙げられます。

・サポーターやテーピング
・マッサージ
・湿布、痛み止め、鎮痛剤
・アイシング
・ストレッチ
・筋トレにより太ももと鍛える

ストレッチや鍛える場合は、ヒザ周辺の筋肉を柔軟にするように行うようにしてみましょう。
ヒザに傷みが出てしまう原因になっている筋肉は、大腿骨や脛骨の周りにある筋肉です。
そのため、大腿骨や脛骨にくっついている筋肉を、柔軟にしていきます。
急激に大きな負荷をかけるとさらに痛くなることがあるので、あくまでゆっくり小さな力を掛けて柔軟にしていく事がポイントとなります。
また、股関節まわりや太もも、すね、ふくらはぎ、足首などもヒザに近くつながりがあるので、これらの筋肉も柔軟にすると半月板の痛みが緩和されることがあります。

これらの保存療法を行っても、半月板損傷が改善しないというケースは多くあります。
自己ケアの保存療法で半月板損傷が改善しない場合は、治療院で相談をして治療を受けるようにしてみましょう。
手術をしなくても、楽になることができますよ。

日進市 半月板損傷の原因なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME