日進市 足底腱膜炎の1番の自己ケア方法

日進市 足底腱膜炎の1番の自己ケア方法

2017-11-15

【足底腱膜炎の原因について】

1.足の裏に強い衝撃を与えてしまう
足底腱膜炎になる人は、足の裏に衝撃を与え過ぎてしまうスポーツをやっていた人に多く居る傾向があります。
足の裏に繰り返して強い衝撃を与え過ぎてしまうと、足の裏の筋肉が急激に硬くなってしまいます。
硬くなった足の裏の筋肉をそのまま放っておくことで、日常的な衝撃に足の裏の筋肉が絶えられなくなってしまい、痛みが発生してしまうという流れになります。
剣道、卓球、陸上の3つのスポーツは、足の裏に強い衝撃を与えることが多くあるので、足底腱膜炎になりやすい人が多いと言われています。

2.足の裏の疲労の蓄積
日常的に足の裏に疲労が蓄積してしまうことで、足底腱膜炎になってしまうことがあります。
例えば、外回りが多い営業マン、1日中立ちっぱなしの受付、引っ越し屋さんや子育てのような重い物を持っている時間が多い人、などが挙げられます。
足の裏を使い過ぎることで、負担がかかってしまい足底腱膜炎になるということです。
また、久々に少し多く歩いただけで、足の裏が痛くなってしまうことがあります。
それは、いつもより多く足の裏に負荷がかかったことで、足底腱膜炎になってしまったということです。

3.足の裏の血流の悪さ
足の裏の使い過ぎである上記の2つの原因の他に、足の裏の血流の悪さが原因で足底腱膜炎になってしまうこともあります。
足の裏の血流が悪くなってしまうのは、元々持っている体質や年齢の影響で発生してしまうことがあると言われています。

足底腱膜炎には、主にこのような3つの原因があります。
これらの3つの原因は改善することが難しいので、症状を改善させるケアをすることが必要になります。

【足底腱膜炎を改善する方法は?】

足底腱膜炎を改善させる方法は、硬くなってしまい血流が悪くなってしまった足の裏をほぐすことです。
自己ケアでもできますので、是非チャレンジしてみましょう。

足底腱膜炎の1番の自己ケア方法は、足の裏を温めることです。
足の裏を温めることで、硬くなってしまった足の裏の筋肉をほぐしたり血流をよくさせることができます。
1番簡単な足の裏を温めるケアは、お風呂で湯船につかることです。
湯船につかって、足の裏をゆっくり温めてみましょう。
筋肉が柔らかくなっていき、血流が良くなっていきますよ。
熱いお湯に短時間入るのではなく、少しぬるめのお湯に長い時間浸かると効果的に温めることができますよ。
温泉は温浴効果が高いので、痛みを緩和させるために温泉に浸かることもよいでしょう。
軽度な足底腱膜炎であれば、足の裏を温めるだけで楽になることができます。
お湯に浸かるなら、自宅でも気軽にできますよね。

痛いという症状から、足の裏に冷シップやアイシングをしてしまう人もいるようですが、それは間違ったケア方法です。
足底腱膜炎は、足の裏が硬くなってしまい血流が悪くなっている状態です。
その状態で冷やしてしまうと、硬さは一向にほぐれず血流は改善しません。
冷シップやアイシングは全くの逆効果ですので、絶対にしてはいけません。

足底腱膜炎かなと思ったら、是非足の裏を温めて痛みを緩和してみましょう。
日進市 足底腱膜炎の1番の自己ケア方法なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME