ブログ記事一覧

日進市 ぎっくり腰

2017-01-05 [記事URL]

腰が急に強く痛み出すのは「ぎっくり腰」かもしれません。
ここでは、ぎっくり腰の原因、対処法などを紹介します。

【ぎっくり腰とは?そのときどう対処する?】

一般的に「ぎっくり腰」とは、瞬間的に腰椎がはずれることでさまざまな痛みが現われます。
腰椎とは、腰を構成する骨で、ずれることによって、腰の筋肉があらゆる負荷にたえきれず、炎症を起こしている状態です。

ぎっくり腰になってしまうと、激しい痛みでどうすることもできずただ、じっと痛みが治まることを待つしかない、という状態が続きます。
そのような際には、慌てず、次のように対処してください。

まずぎっくり腰になったら、体を無理に動かさず、楽な姿勢を取りましょう。
ご自宅の場合は、体を丸めたり、リラックスできる体勢を整え、しばらく安静にしてください。

公共の場で、ぎっくり腰になってしまった場合も、決して慌ててはいけません。
ゆっくりと体を動かし、壁にもたれるなどして、安静を取りましょう。

痛みについては、筋肉の炎症が原因なので、患部を冷やすのがポイントです。
冷やすことで、痛み物質を抑えることができるので、しばらくすると徐々に痛みが和らぎます。

体が動かせるようになるまで、数時間から数日かかることもありますが、無理は絶対に禁物です。
ただ、安静にしすぎると筋肉が硬直して、症状が悪化することも考えられるので、痛みがとれたら今度は、ゆっくりと体を動かすようにしてください。

自己判断によって、症状を悪化する危険性も高いため、痛みが少しずつ回復したら、早めにお近くの整体院、接骨院を利用し、適切な処置を受けるようにしましょう。

【どんな人がぎっくり腰になりやすいの?】

最近では、20代、30代という若い世代でもぎっくり腰が増えています。
次に、ぎっくり腰予備軍と思われる危険な兆候を紹介しますので、心当りのある方は、早めに対処してください。

1.補正下着、ハイヒール

ダイエットのため、スタイルを良く見せるため、ファッションのため、という理由で女性に多いのが、体を強く締め付ける補正下着。
そして、足や腰等に負担をかけるハイヒール。

このようなファッション、衣類等で、足腰に必要以上の負荷をかけているにも関わらず、デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢を取り続けるOLさんにコンパニオン、受付嬢などについては、大変危険。

補正下着やヒールは、血行を悪くし、筋肉の疲労を促します。
そのため、些細な刺激、動きでぎっくり腰になるリスクが高いので注意が必要です。

対処法として、体を締め付けないように工夫する、適度にマッサージやストレッチを取り入れる、定期的に骨盤矯正の施術を受けるなどがあります。

2・ストレス、疲労

ぎっくり腰の要因として、ストレスや疲労などの蓄積も深く関係しています。
特にストレスは、血行不良や神経系の異常などから筋肉の疲労に繋がり、ぎっくり腰になりますので、大変危険です。

ぎっくり腰にならないストレス解消法としては、お風呂があります。
39度前後のお湯にしっかりと体をつけることで、疲労が取り除かれ、さらに血行を促進することが出来ます。

水圧が体全体に程よくかかるため、足腰のむくみを取り除く事も可能。
最近では、シャワーでサッとお風呂を済ませるという方も多いようなので、週に2,3回程度は湯船につかる習慣をつけましょう。

上記の方法で、少しでもぎっくり腰のリスクを減らしてくださいね。

日進市 ぎっくり腰なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


日進市 30代女性骨盤矯正 「産後のお尻の痛みがなくなりました」

2016-12-30 [記事URL]

dsc_0182

◆K様◆

産後の骨盤を見てもらいました。
お尻の痛みがなくなって、すごく楽になりました。
4回でこんなに変わるなんてびっくりしました。

◆お店より◆

ご感想、ありがとうございます。
4回の骨盤矯正コースで、お尻の痛みがなくなってよかったです。
今後のよい状態を維持するため、おうちでの骨盤調整は続けてくださいね。
またのお越しをお待ちしております。

kotuban-banner


日進市 産後の腰痛の原因

2016-12-29 [記事URL]

産後の腰痛って本当に辛いですよね。
待ちにまったベビーと合える最大の喜びとは裏腹に容赦なく襲い掛かる産後の腰痛に憂鬱になっちゃう方も珍しくないかもしれません。

そこで辛い産後の腰痛を少しでも解消する方法をいくつか紹介します。
快適で貴重なベビーとの時間を満喫するためにも、ぜひお役に立ててください。

【産後の腰痛の原因って?】

産後の腰痛を解消するために、「なぜ、産後のママは腰痛で悩まされるのか」を知る必要があります。
原因が分からなければ、いくらケアしても意味ありませんものね。

では、どのような原因が考えられるか調べてみました。

1・骨盤の歪み

妊娠から出産にかけて、ママの骨盤はかなり大きくゆがみます。
胎児が大きくなるにつれ、お腹が前に突き出し、それを無理な姿勢で支えるという特殊な状況下では、致し方ありません。

ただ、それ以外にも、妊娠から産後にかけて分泌する女性ホルモンの影響も受けて、骨盤はかなりゆがみやすい状態に置かれています。
その結果、ママの骨盤は、妊娠以前に比べ、グラグラの状態。

骨盤は、体の中心にあって、上半身と下半身のバランスを整える重要な役割りがあります。
その骨盤が歪んでしまうと、当然、腰への負担は深刻で、産後の腰痛へと影響を及ぼします。

2・筋力の低下

妊娠から産後にかけてかなり運動不足になります。
体重の増加や骨盤の歪みという状況で筋力が低下すると、体を支えるのは、もはや不可能。

その影響は、ダイレクトに腰、股関節に加わり、産後の腰痛、股間節痛となって症状が発生します。

3・ストレス

産後の腰痛は、ストレスも原因の一つです。
慣れない育児環境に無意識にストレスを感じると、血行不良や自律神経の乱れを引き起こし、産後の腰痛を発生。

そのまま放置すると産後の腰痛だけでなく、産後うつといった深刻な状態へ進行することもあるので早めに対処しましょう。

【産後の腰痛を改善するおススメの方法】

産後の腰痛を改善するには、まずマタニティ整体や産後骨盤矯正を行っている整体、マッサージ院で産後骨盤矯正を受けましょう。
産後骨盤矯正は、出産から半年の間に受けるのがベストで、腰痛以外にもダイエットや美容にもおススメ。

産後うつ予防にも高い効果を発揮するので、まずは、プロのお力をかりましょう。
産後の腰痛対策に対応する整体では、育児中のママにうれしい出張サービスなども展開しているので、お気軽に相談してみるといいでしょう。

続いて、簡単なストレッチも取り入れましょう。
育児中にもできる方法は、エビポーズストレッチです。

四つんばいになったら、エビのように背中をくるっと丸めます。
背中の筋肉が伸びるのを意識しながら、20秒ギューっと体を縮めます。

ゆっくりもとの状態に戻り、再びエビのように体を丸めます。
この動作を繰り返し5回行うだけで、血行を促進し、筋肉のコリがほぐれるので、産後の腰痛が少しずつ緩和できます。

この方法なら育児中の隙間時間を作って、実践できますよね。
無理をせず、育児を楽しみながら取り入れてください。

日進市 産後の腰痛の原因なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


東郷町 産後の股関節の痛みでお悩みだった、20代ママさん

2016-12-29 [記事URL]

dsc_0181

cimg1463

◆R.I様◆

骨盤矯正するかしないか悩んでいたが、大樹さんのホームページを見て
行こうと思いました。
4回の施術で、2回目が終わったあたりから、長い間歩いても股関節の痛みがなくなりました。
足のだるさもなくなり、来てよかったです。
スタッフも優しく、安心して赤ちゃんを預けることができました。

◆お店より◆

ご感想、ありがとうごさいます。
骨盤が開いていることで、股関節に痛みが出ていたようですね。
痛みが改善して、わたしたちもとてもうれしく思います。
また何かありましたら、お子様と一緒にお越しください!

kotuban-banner


みよし市 産後の骨盤矯正にいらした30代ママさん

2016-12-28 [記事URL]

dsc_0180

◆N.H様◆

骨盤矯正と加圧トレーニングを一緒にやってもらえたので、よかったです。
小さい子供も一緒に連れて施術していただけたので、助かりました。

◆お店より◆

骨盤矯正は、施術で正しい位置に調整することはできますが、
それを維持するためには、筋肉が必要です。
当院では、筋肉をつきやすくする加圧トレーニングを併用して、
お母様の体に負担のない程度の運動で、しっかりと効果が出るよう指導しております。
今後のためにも、おうちでの運動はぜひ続けてくださいね。
kotuban-banner


年末年始のお知らせ

2016-12-26 [記事URL]

◆◆年末年始のお休みについて◆◆

2016年12月31日~2017年1月4日まで、お休みさせていただきます。

2017年は、1月5日より営業開始いたします。
年明けのご予約も受付中です。

よろしくお願いいたします。


日進市 30代女性 お子様と一緒に骨盤矯正

2016-12-25 [記事URL]

dsc_0178

◆Y.M様◆

子供をつれてきたときに、ずっと見てもらえたので、
安心して施術してもらえた。

◆お店より◆

ご感想、ありがとうございます。
骨盤矯正以外のメニューも、お子様と一緒に受けることができますので、
また何かありましたら、お子様と一緒にお越しくださいね。
kotuban-banner


東郷町 産後の骨盤の開きが気になっていた30代ママさん

2016-12-24 [記事URL]

dsc_0177

cimg1455
(すやすや……この日はぐっすり眠っていました)

◆石川さま◆

産後、骨盤が広がっていたのが、どんどん治っていくのがわかり、
とても満足しています。
加圧トレーニングも気にはなっていたものの、一度も体験したことがなかったので、
こちらでやっていただくことができて、よかったです。
育児が落ち着いて、自分の時間が取れるようになったら、またお世話になりたいと思いました。
ありがとうございました。

◆お店より◆

ご感想、ありがとうございます。
石川さまは、骨盤の広がりが気になるとのことで、骨盤矯正4回コースを受けていただきました。
骨盤が締まっていく感覚を実感されたようで、わたしたちも大変うれくしく思います。
加圧トレーニングも、ボディメイクや健康維持にとても効果的なトレーニングですので、
またお時間ができたときに、ぜひトライしてみてください。
またお越しいただける日を楽しみにしております!

kotuban-banner


日進市 産後の骨盤のずれと尿漏れが気になっていた、30代ママさん

2016-12-23 [記事URL]

dsc_0176

◆M.O様◆

産後の骨盤のずれが気になっていたので、治してもらって、
産後の尿漏れもなくなったのは、治してもらったおかげだと思っています。
家でのストレッチも負担にならないので、これからも続けていけそうです。
ありがとうございました。

◆お店より◆

産後は、出産時のいきみによって、骨盤底筋がゆるんでしまうことがあります。
すると、尿漏れなどを起こしやすくなります。
当院の骨盤矯正4回コースでは、1か月かけて骨盤を締めるのと同時に、
骨盤をしっかりと支える筋肉のトレーニングも行っていきます。
そうすることで、ゆるんでしまった骨盤底筋が強化され、尿漏れなどのトラブルからも
解放されるのです。
今後もぜひ、おうちでのストレッチを続けてくださいね。

kotuban-banner


日進市 骨盤の歪み矯正

2016-12-23 [記事URL]

産後 骨盤の歪みの原因や改善の方法、整体を受ける際のタイミングなどを紹介します。

【ママを悩ます産後 骨盤の歪み】

妊娠から出産、産後にかけ、ママの骨盤は大きく歪みます。
体の中心にあり、上半身と下半身を繋ぐ重要な役割りを担う、産後 骨盤の歪みは日々慣れない育児に奮闘するママにとって、とても深刻な問題です。

そもそもママたちを悩ます産後 骨盤の歪みは、妊娠中に分泌される女性ホルモンリラキシンが原因。
リラキシンとは、スムーズな出産に必要なホルモンで、筋肉や骨、腱などを柔らかくし、胎児のサイズに合わせて自由に骨盤が対応できるよう働きます。

そのおかげで、胎児はどんなに大きく成長しても、ママの産道を安心して通り、この世に誕生できる、というわけです。
しかし、リラキシンは、ママの体を支える骨や筋肉、腱をゆるゆるにするので、当然骨盤は前後左右に歪んでしまいます。

歪んだ骨盤は、体をしっかり受け止めることができず、さまざまな体調不良となって症状が現れます。
ただ、骨盤の機能をゆるゆるにするリラキシンは、産後半年をかけて少しずつ分泌が収まります。

そのため、ママの体は、妊娠前の状態に徐々に戻り骨盤の強度も回復します。
しかし、妊娠から出産にかけて発生した産後 骨盤の歪みは、改善されません。

【産後 骨盤の歪みをそのままにするとどうなる?】

妊娠以前の正常な状態に戻らないと、骨盤周辺の血行不良により脂肪燃焼ができなくなります。
するとウエスト周り、お腹周りや下半身に脂肪がつきやすく、また太りやすい体質へと変化します。

産後なかなか体重が元に戻らない、お腹がぽっこりと出ている、下半身太りが気になる、というのは、産後 骨盤の歪みが大きく関係しています。
その他にも、体の中心に位置し上半身と下半身のバランスを正常に保つ骨盤が歪んだ状態だと、腰や下半身に負荷が偏ってしまい、産後 腰痛や産後 うつ、産後 冷え性、などあらゆる体調不良の原因となります。

【産後 骨盤の歪みを改善するには?】

現在、産後 骨盤の歪みを取り除くためのさまざまなグッズなどが販売されています。
ウエストニッパーや骨盤矯正ベルト、クッション等育児中の忙しいママをサポートするアイテムはすごく人気です。

その他、自宅でも簡単にできるセルフケアやストレッチ、産後 骨盤の歪み改善体操などを紹介する雑誌なども大変評判ですね。
ただし、確かな効果を安全に実感するには、整体や接骨院のプロによる産後 骨盤の歪み矯正施術がおススメです。

プロの施術によって、計画的に産後 骨盤の歪みが取り除けるので、現在すごく人気の施術となっています。
ただし、出産後すぐにプロの産後 骨盤の歪み矯正を受けられるというわけではありません。

産後の体はすごくデリケートなので、まずは、しっかりと体調を回復することが重要です。
その後、およそ1ヶ月半から半年を目安に産後 骨盤の歪み矯正を受けるようにしましょう。

万が一、そのタイミングを逃した場合でも、産後骨盤矯正は可能です。
ただし、時間が経過するほどに、改善のスピードが遅くなり、別の体調不良で悩まされることになるので、できるだけ計画的に利用するようにしましょう。

【産後 骨盤の歪み矯正の効果は?】

プロの施術を受けることによって、早い人で1ヶ月ほどでは、産後 骨盤の歪みが改善できます。
骨盤が正しい位置に戻ると、下がっていた内臓も正常な位置に戻るので、ポコッと前に出ていたおなかも引き締まります。

また正常な機能が回復するので、脂肪燃焼機能が活発となりウエスト回りや下半身についた余分な脂肪もなくなります。
さらに、血行やリンパ管の活性化により、十分な栄養が運ばれ、体内の不要な老廃物などが排出するので、産後ママを悩ます、むくみ、便秘、冷え性、抜け毛、くすみ、なども改善できます。

産後 骨盤の歪みを治すことは、産後のダイエットや腰痛、股間節痛改善効果だけにとどまらず、美容面、健康面にプラスの影響が期待できます。

日進市 骨盤の歪み矯正なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME