日進市 足底腱膜炎の効果的な治療

日進市 足底腱膜炎の効果的な治療

2017-03-10

足底腱膜炎の本当の原因を理解して治療することが大事

足の裏が痛くなったので病院を受診したら足底筋膜炎と診断されて、聞きなれない病名に不安を感じてしまう方も少なくないです。
また発症した原因が、使いすぎたから・体重が増えたから・偏平足だからと言われても、心当たりがなくて戸惑う人もいます。
ただ、そのようなことが原因で発症するのなら、毎日走って足の裏に負荷をかけている人やお相撲さん、偏平足の人が全員発症することになります。
つまり、発症する本当の原因が他にあるということです。

足底筋膜と呼ばれるかかとの骨と足先にある骨をつなぐ扇状の膜のようなものが足の裏にあって、歩く時やジャンプした時に伸び縮みすることにより足の裏にかかる衝撃を受け止めます。
しかし、この足底腱膜が硬くなっていると柔軟に伸び縮みすることができなくて、足の裏にかかる衝撃がかかった時にギュッと引っ張られてしまいます。
そうすると足底筋膜がついている踵や親指の下辺りに微細断裂が発生して炎症をおこし痛みが起こってしまいます。
この状態が足底筋膜炎で、本当の原因は足の裏の筋肉が硬くなったことにあると考えられるのです。

では、なぜ足裏の筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?
現代の生活の中で足裏の筋肉が硬くなる原因としては2つ考えられて、1つ目は繰り返し強い衝撃を足の裏に与えていることです。
剣道・卓球・陸上は発症しやすいスポーツの代表で、これらのスポーツに共通していることは、足の裏に強い衝撃を繰り返し受けて筋肉が硬くなっているということです。
そして、その硬くなった足裏の筋肉にケアしないで、翌日も同じように衝撃を与え続けることで筋肉が衝撃に耐えきれなくなり発症してしまうのです。
つまり、適切な足の裏のケアを怠ってしまった結果として痛みが発生しているということです。

2つ目の要因は日常生活による疲労の蓄積で、日々使用する車も定期的にメンテナンスをしないと故障につながるのと同じ理由です。
特に、現代の生活は足のアーチの機能が衰えやすくて、その為足の裏に疲労が溜まりやすくなっているのです。
その結果、スポーツをしない人であっても疲労の蓄積により発症してしまうのです。
足裏の使った後のケアとしておすすめしたいのが温めることで、ゆっくりとお風呂にはいって足の裏を温めるのが一番です。
そうすることで筋肉が徐々に柔らかくなって楽になります。

足底筋膜炎を発症した場合には病院で治療を受けるでしょうが、整体や整骨院で治療を受けることも選択肢のひとつとしてあります。
ただ、どこの治療院に通うことが適しているのかを迷うこともあって、安易に近くだからという理由で選んでしまうことは避けるべきです。
治療院を選ぶポイントは、原因が筋肉の硬さだと考えて足の裏を温めることをおすすめしているという点で、つまり正しく理解していることが重要です。
また、痛い部分だけでなく全身を診て治療してくれることや、再発のことまで考慮して治療をしてくれることも選ぶポイントになります。
治療院のホームページを見るなどして、これらの点を確認して治療院を選択すると良いです。

日進市 足底腱膜炎の効果的な治療なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME