日進市 「産後骨盤矯正」の重要性と目的について

日進市 「産後骨盤矯正」の重要性と目的について

2016-09-07

産前・産後の女性は骨盤が歪みやすい」と言われていますし、
その状態のまま放置していると「様々な症状に悩まされる」とも言われています。

では、なぜ産前・産後の女性は骨盤が歪みやすいのでしょう。

女性は月経前や妊娠すると、骨盤を支えている靭帯や関節を緩めて
骨盤を開きやすいようにする「リラキシン」と言うホルモンが分泌されます。

これは「妊娠の維持」と「分娩の補助」、
それから「月経血をスムーズに排出させる」と言った目的があるからです。

ただ出産が終わると、大体6~8週かけて、
自然に子宮や靭帯はゆっくり元の状態に戻り安定期に入っていきますが、
正しい位置に戻ることは少ないです。

また出産後すぐに育児がはじまるために、
弱っている骨盤周りの関節や筋肉に最も負荷がかかってしまい、
歪みが生じやすいのです。

しかし、妊娠・出産で緩んで歪んだ状態の骨盤をそのまま放っておくと、
慢性的な腰痛や肩こりなど様々な痛みが起こってきますし、
骨盤底の筋肉が緩むために尿漏れなどにも悩まされる可能性があります。

その他にも、体重は減っても体型が戻らないなど様々な支障が出たり、
次の出産で辛い症状が出たりするので「産後骨盤矯正」が必要です。

自分で骨盤ベルトなどを巻いて改善したり、
骨盤体操やストレッチなどで改善したりすることも可能ですが、
なかなか効果を出すことは難しいです。

また、間違った方法で行うと逆効果になってしまう可能性も考えられます。

ですから、整体など専門院できちんと改善するようにしましょう。

ところで「通常の骨盤矯正と産後骨盤矯正と何が違うのか?」と
疑問に感じる方もいることでしょう。

実は、産後の骨盤矯正と通常の骨盤矯正とは大きく異なっていて、
その違いは目的にあるのです。

通常の骨盤矯正も目的は、
日常生活における様々な原因で歪んでしまった骨盤のズレを改善して、
負担のかかっている筋肉などの緊張をほぐして
骨盤があるべき位置に戻すことです。

一方、産後の骨盤矯正は、
妊娠や出産によって広がり歪んでしまった骨盤を出産前の状態に戻すことと、
産後の生活や家事・育児を快適に送れるようにすることが目的です。

さらに産後の骨盤矯正の目的を具体的に言うと、
「腰痛や股関節痛などの解消」
「骨盤を正常な位置へ戻し正常な骨盤バランスに改善」
「全身の筋肉バランスを改善して骨盤が歪みにくい体作り」です。

この具体的な目的を踏まえて整体などの治療院では、
一人ひとりの体の状態に合わせた施術により骨盤矯正を行います。

また、エクササイズやストレッチ、日常生活の行動・姿勢などを指導することで、骨盤が歪まないようにサポートもしてくれます。

この点からも自分で骨盤矯正を行うよりは、
専門家の施術を受けた方が効果的と言えるのです。

いずれにしても「産前・産後の女性は骨盤が歪みやすい」
「放置していると様々な症状に悩まされる」と言うのは確かなことです。

将来的に様々な症状が出ることや次の出産で辛い症状が出ることを考えると、
早めの骨盤ケアを心がけることが大切です。

ただ、無理することなく体調と相談して行うことも大事です。

産後の骨盤矯正なら、日進市ボディバランスラボ大樹にお任せください。
小さなお子様と一緒に施術を受けることができます。

kotuban-banner


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME