日進市 変形性腰椎症の可能性

日進市 変形性腰椎症の可能性

2018-02-01

【変形性腰椎症の原因と症状】

変形性腰椎症は、加齢によって腰椎に変化が起きることで発症する腰痛です。
原因は、加齢です。
その他、重労働や遺伝もあります。

変形性腰椎症の症状は、腰痛です。
いわゆる、腰が痛いという症状です。
朝の起床時や動作開始の際に痛みが生じ、動いていると痛みが軽くなりなくなることもあります。
以下の症状がある場合は、変形性腰椎症の可能性が考えられます。

・腰がだるい
・腰が重い
・腰に鋭い痛みがある
・腰を反らすと痛みがある
・腰からお尻にかけて痛みがある
・更年期障害

また、長時間同じ姿勢を取ることでも、変形性腰椎症が出てしまいます。
特に、臀部の痛みが大半であり、ひどくなってしまうと大腿後面まで痛みが出てしまうことがあります。

大抵の人が、痛みがかなりひどくなるまで我慢しています。
しかし、気にすべき点といえば、腰痛の症状というのは様々な疾患が隠れている場合があるということです。
そのため、痛みが長く続いたりひどくなる場合は、専門医に診てもらうことをオススメします。

【変形性腰椎症の改善方法】

変形性腰椎症は、自己ケアで改善して楽な状態になりましょう。
セルフケアでも改善できるので、取り入れてみてはどうでしょうか。
変形性腰椎症のセルフケアを、ご紹介します。

・患部を温める
変形性腰椎症の腰痛は、血行不良で起きています。
血行不良というのは、筋肉のコリや冷えが原因となります。
患部を温めることで、血行不良が改善されます。
温湿布や貼るカイロで温めたり、湯船に浸かって患部を温めるようにしましょう。
入浴中は変形性腰椎症の症状が和らぐのですが、その理由が温まることで痛みが軽減するということです。

・よい立ち方をする
姿勢を良くする事は、腰痛改善の基本となります。
顎を引いて背筋を伸ばして、姿勢を良くしましょう。
背中を反らし過ぎると腰に負担がかかってしまうので、極力背中を反らさないようにしましょう。
腰が痛いからと変な歩き方をしてしまうと、余計変形性腰椎症が悪化してしまいます。

・急に動かない
急に動くと、腰に大きな負担をかけてしまいます。
動き始めはゆっくり動くようにして、極力腰に負担をかけないようにしましょう。

・ストレッチで改善
筋肉を気持ちよく伸ばすことで、変形性腰椎症改善へとみちびくことができます。
背中のストレッチは、四つん這いになって両腕をまっすぐ前に伸ばし、お尻を突き出して30秒キープします。
背中の筋肉が伸びるので、変形性腰椎症改善へ効果的です。

これらのケアをしても10日以上症状が緩和しない場合は、専門医に診てもらいましょう。
変形性腰椎症ではなく、違う症状や病気の可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
変形性腰椎症は腰痛で片づけてしまう人もいますが、悪化してしまうと大変な状態となってしまいます。
悪化しないよう、セルフケアで緩和させることがとても大事となります。
高が腰痛と思わず、楽になるようケアをしましょう。

日進市 変形性腰椎症の可能性なら、「ボディバランス大樹」にお任せください。


電話: 052-808-3678

line友達登録
※お友達登録募集中! 月に1~2回、LINE限定のお得な情報などを配信しています。

052-808-3678
月~金 AM10:00~PM9:00 土日 AM10:00~18:00 
不定休

◆◆土日の整体も受付てます! お気軽にどうぞ!◆◆

※施術中は電話に出られないことがあります。
こちらから折り返しますので、ご希望の方は
お名前・電話番号・都合のよい時間を
留守番メッセージにお残しください。

★★現在、混み合う日が多くなっております。
当日・前日のご予約でも、
キャンセル等の空きがあればご案内しておりますが、
ご希望に添えない場合もございます。
できるだけ早めの事前予約がおススメです。


コメントを残す

*

PAGE TOP

お客様の声、地域NO.1!
加圧正規認定施設
小顔セラピー始めました
こんなところです
わたしが施術します




MENU

MAIL

TEL
HOME